映画『アメリ』の解説記事を更新しました!

DJにおすすめなヘッドホン 安いものからちょっと高いものまでを厳選してみた!

alt_dj-play_0010_001

 

はじめに

こんにちは。シンヤです。

今回はDJに必須となるアイテム、ヘッドホンについて書いてみました。

DJは、常に音楽を止めずに流し続けることを要求されます。

そのため、今鳴っている曲だけでなく、次にかける曲も事前に選んでおかなければなりません。

そして、その解決方法としてヘッドホンを使うわけです。

ヘッドホンを使えば、スピーカーに流れている音とは別に、次の曲も聞けるようになります。

このような理由のため、DJはヘッドホンを必ず用意する必要があるのです。

しかし、ひとえにヘッドホンと言っても高価なものから安価なものまでたくさんの種類が売られています。

もしあなたがDJ初心者でしたら、何を選べばいいか迷うこともあるでしょう。

そんな悩みを解決できるように、今回は私がオススメする比較的安価なヘッドホンから少し高価なヘッドホンまでいくつか取り上げてみました。

この記事を読んでもらえれば、DJに必要なヘッドホンとDJプレイ時にどのようなものが適しているかが分かっていただけると思います。

DJのヘッドホンは見た目が大事!

alt_dj-play_0010_002

DJは人に見られてなんぼです。

というかブースに立てば凝視されますw

たとえあなたが初心者であろうとなかろうと、フロアの人たちからは常に見られる存在です。

ですから、最低限の見た目には気をつける必要があります。

まぁ、私がここでファッションのことをとやかく言えるような人間ではないのでそれは割愛しますw

ただ、案外フロアの前の方にいるとDJが使っているヘッドホンというのも目につくものです。

ですから、まずヘッドホンも見られるものと覚えておいてください。

つまり、DJにとってヘッドホンというものは、見た目を気にしなければいけないアイテムなのです!

あなたもヘッドホンを選ぶ際には、ぜひデザインや色なども考慮して選んでみてください。

DJのヘッドホンに音質はそこまで重要じゃない?

alt_dj-play_0010_003

「え?見た目が大事?音質の方が大事なんじゃないの?」って、もしかしたらあなたは思うかもしれません。

確かに音質も大事だと言ったら大事です。

しかしDJは、プレイ中にヘッドホンで好きな曲をリスニングしているわけではありません。

やることはヘッドホンでのCUE(選曲)とつなぎです。

DJは、そのCUE(選曲)とつなぎの時以外、スピーカーからの音に注意を向ける必要があります。

その理由は、スピーカーの音を聞かないと、フロアがどう聞こえているかが分からないからです。

と言うよりも、スピーカーから音を聞かないと安心できませんw

また、BPMやテンポを合わせる必要がある曲に関しては、スピーカーからの音を片方の耳で聞き、ヘッドホンからは次の曲を聞く必要があります。(片耳モニタリングと言います)

この片耳モニタリングをするには、スピーカーの音も気にする必要があるため、プレイ中にヘッドホンを耳に付けたり耳から外したりを何度も繰り返すことになります。

このような理由から、DJが「このヘッドホンは良い音出すな〜」とかプレイ中に音質を気にする余裕がないのです。

もし音質を気にしたいのなら、DJ用とは別にリスニング用の高級ヘッドホンを購入した方が幸せになれると思います。

とは言っても、DJで使えるようなヘッドホンは元々性能が高いので、安くてもそこそこ良い音が出るので安心してください。

スポンサーリンク



DJが付けるべきヘッドホンタイプを知ろう!

alt_dj-play_0010_004

繰り返しますが、DJはプレイ中にヘッドホンを耳に付けたり外したりで忙しいです。

その理由は、スピーカーからの音も聞かなければならないためで、それゆえ多くのDJはヘッドホンを両耳にすぽっとかぶせるのではなく、片耳モニタリングをしています。

そういった場合に大事になってくるのが、ヘッドホンを片耳だけに当ててもCUE(選曲)が聞こえるかどうかということです。

そして次に頭に付けやすいかという流れになってきます。(特殊な形のヘッドホンはここでは割愛します)

以下にDJに必要なヘッドホンの代表例を記載しました。

  • 耳がきちんと覆われるもの
  • 頭に付けた際に簡単にずれ落ちないもの
  • 肩に挟みながら片耳で聞けるもの

耳がきちんと覆われるもの

ヘッドホンを付けた時、きちんと耳が覆われるようなものがDJには適しています。

ヘッドホンの耳を当てる部分のことを『イヤーパッド』と言いますが、このイヤーパッドがあなたの耳を覆えるかが大事です。

なぜなら、イヤーパッドが小さいほど外部の雑音も同時に聞こえてしまうことになるので、当然CUE(選曲)が聞こえにくくなります。

そのため、イヤーパッドは小さいものよりも大きい方が適しているわけです。

頭に付けた際に簡単にずれ落ちないもの

基本的に、ヘッドホンの構造はどれも同じ形状をしています。

頭に被せることを目的にしているので、当然と言えば当然です。

しかし、ずれ落ちないというのはまた別の話です。

先ほども書きましたが、DJは片方の耳でスピーカーの音を聞き、片方の耳でヘッドホンの音を聞きます。

つまり、片方は耳にあて、もう片方は耳にあてないように左右非対称に頭に被せるわけです。

この際にずれ落ちてしまうと一々手で戻さなくてはなりません。

しかし、手はミキサー操作などに空けておく必要があるため、ヘッドホンを触っている時間は可能な限り少なくするべきです。

これらの理由により、DJのヘッドホンには、頭に被せた際に簡単にずれ落ちないような強さとホールドさが必要になってきます。

肩に挟みながら片耳で聞けるもの

最後にこのように書きましたが、これはある程度経験を積んだ後のことになります。

最初の頃はきちんと頭に被せて使いますが、そのうち経験を積むほどヘッドホンを頭に被せなくてもプレイできるようになってきます。

このイメージは仕事で電話をする時のことを思い浮かべてみてください。

仕事で電話をすると、メモを取る必要が多く、どうしても手を空けておきたいと思うはずです。

もちろん片方の手で受話器、もう片方の手でペンでも良いのですが、今の時代、電話中にパソコンのキーボードを使ったりマウスを使う必要もあります。

そうすると、両手を空けるためにそのうち受話器を肩で挟んで対応するようになっていくと思います。

この肩に挟んだ仕草をDJのヘッドホンでも同様にすることになっていくのです。

この時に大事になるのが、ヘッドホンのイヤーパッドが回転できるかどうかということです。

イヤーパッドの部分が回転してくれないと、ヘッドホンに変な力がかかってしまい、うまく抑えることが難しくなります。

そのため、イヤーパッドが回転してくれるヘッドホンがこの場合適しています。

とは言え、このような構造は全てのヘッドホンが採用しているわけではないので、この条件は次に購入する場合に考慮するくらいでも良いかもしれません。

また、あなたのプレイスタイルにもよりますしね。

DJにおすすめするヘッドホンはコレだ!

それでは私がおすすめするヘッドホンを見ていきましょう!

比較的誰でも手が届きやすいものから、より高価なものへと並べています。

DJとして入門的なヘッドホンを求めるならこちら

価格帯:3,000円〜6,000円

一言コメント
3,000円代と格段に安いながらも、キレのある重低音が入門用にバッチリ!

一言コメント
ホワイトで彩られたそのデザインは注目されること間違いなし!

一言コメント
オーディオテクニカ渾身のDJモニターヘッドホンである『Mシリーズ』のエントリーモデル!

より機能性と安心さを求めるならこちら

価格帯:8,000円〜10,000円

一言コメント
コストパフォーマンス最強!!多くのDJに大人気なのも頷けます!

一言コメント
シンプルなデザインが逆に新鮮で注目度高し!!

一言コメント
プロフェッショナルの一角である『SHURE(シュア)』 コレを使えば『通』だと見られます!!

さらに使い心地と耐久性、そして高級感を求めるならこちら

価格帯:10,000円〜20,000円

一言コメント
DJからのフィードバックが最も近いことで培われた、パイオニアのミドルモデル!!

一言コメント
ゼンハイザーと言ったらコレ!ヘッドホンと言ったらコレ!って言うくらいロングセラーモデル!!

一言コメント
DENONの最新上位モデル!シンプルなデザインがカッコイイ!!

一言コメント
これぞ『SHURE』! そのバランスの良い音はファンが離れない!!

一言コメント
世界中が認めたオーディオテクニカ『ATH-M50』の後継モデル!!カラーパターンも豊富です!!

スポンサーリンク



購入するときの注意点!

買ったあとに後悔しないように、以下のポイントを先にチェックしておきましょう!!

  • 端子を確認する → ミキサー側の端子は大きいフォーン端子(3.5mm端子のみだと変換器が必要)
  • コンパクトさ → 持ち運びが楽になるよ!
  • あまりにも安価な製品 → すぐに壊れやすいです。
  • やっぱこれからはBluetoothでしょ! → どのミキサーもコントローラーも対応してません。
  • 開放型のヘッドホンでも良いよね? → 密閉型でないと反対に外の音が聞こえてしまいます。

ヘッドホンで良い音を聞くためのちょっとしたTIPS

これはDJだけでなく一般的なことなのですが、ヘッドホンを使う際に、ノートPCなどの音声端子に繋いだ音はあまりよくはありません。

それはノートPCはできるだけ薄く、軽量に作ることを目的の一つにしているため、音声部分はどうしても開発時にコストカットの対象に入ってしまうからです。

ですから、ヘッドホンを使う際は、可能であればAVアンプの端子やミキサーの端子に繋いで聞いていただいた方が良いでしょう。

もしPCからの音を聞きたいなら、PCのUSBから出力を受けられるアンプやオーディオインターフェースに繋いだ方がいい音になります。

その理由は、PCから直接音声のデジタルデータを送ることが可能なためです。

そのデジタルデータを受け取ったアンプやオーディオインターフェースは、それをそのまま音声変換することになるので、それらに繋いだヘッドホンで聞けば思ってもいなかった真価を発揮できます。

これは比較的安価なヘッドホンでも高価なヘッドホンでも同様の効果が得られますのでお試しあれ。

ぜひあなたのヘッドホンが宝の持ち腐れにならないようにしていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらの中からあなたが気にいるヘッドホンがあったら幸いです。

残念ながら無かったらご自身で探してみてください。

ヘッドホンはここで紹介するより、もっとたくさんのものがあります。

それこそデザイン重視のものや、音質にこだわったものなど多種多様です。

それを自分で見つけるのも、またDJライフに花を咲かせられると思います。

スポンサーリンク