映画『アメリ』の解説記事を更新しました!

アカデミー賞に『人気映画部門』が新設!!

img_academy_news_ninki

米アカデミー賞にニュースです!

なんとアカデミー賞に『人気映画部門』が新設されることになりそうです。

米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが、2018年8月8日に発表しました。

まだ、この『人気映画部門』がどのような選考基準になるかなどは分かっていません。

また、いつから新設されるのかも不明です。

しかし、この『人気映画部門』は、明らかに映画ファンへの配慮があると言えます。

昨今のアカデミー賞では、いわゆる『映画作品』としての評価が優先されていました。

つまり、『作品』然とした映画でないと、ノミネートすらされないのです。

分かりやすい例で言うと、『ワイルド・スピード(Fast and Furious)』が良い例です。

img_fastfurious8

『ワイルド・スピード』はカーアクションがメインの映画です。

と言うかそれしかありません。

にもかかわらず、人気はとても高く、新作が発表されれば世間を騒がせる『ブロックバスター』級の映画に成長しています。

しかし、そんな『ワイルド・スピード』は、アカデミー賞においてノミネートにすらかすりません。

なぜでしょうか?

私は審査員ではないので明確な基準や答えは分かりませんが、少なくとも、いわゆる『ヒット作品』ではアカデミー賞にはふさわしくないというのが最もなのでしょう。

しかし、このような考え方や仕組みでは、不公平だと感じる人達も少なからずいます。

人気があって自分が映画館に足を運び、とても素晴らしいと思った映画作品。

それが、アカデミー賞には何にも評価されない現実は、とても寂しいものです。

今回の『人気映画部門』新設の理由は、アカデミー賞の視聴率稼ぎのためだということです。

しかし、それでも『人気映画部門』と来れば、たとえ興行収入を評価の対象にするとしても、嫌が応にも映画ファンは反応するに違いありません。

もし、これが映画ファンによる投票数による賞の獲得であれば、さらに盛り上がることは必至です。

まだ不明なことばかりですが、今後のアカデミー賞に注目ですね。

スポンサーリンク